注意したい病気「インフルエンザ脳症」

子供が突然意識障害を起こしたり、痙攣をしたりする病気に脳炎や脳症があります。
インフルエンザに感染した後にかかることも多く、インフルエンザ脳症は、毎年数百人の子供が発病し、死亡率は50%、後遺症が残ってしまう確率も25%にのぼるなど、とても怖い病気です。

インフルエンザにかかってから、2日以内に発症することが多く、ぐったりしてウトウトしている、呼びかけにも応じない、変な事を口走る、などの意識障害が起こり、痙攣を伴う場合もあります。
熱性けいれんや高熱時のうわごとなどとの区別が付けにくいのですが、症状の重さや持続時間などで区別されています。

回復しても、知能や運動機能に障害が残ってしまうことがあり、恐ろしい病気ですが、現在の段階では根本的な治療法はないというのが実情です。

100人を越える発症は日本にしか見られないことから、原因は何であるのか追求されていますが、解熱剤が関係しているのでは?とも考えられています。

日本では熱を下げる時に、ボルタレンやポンタールなど、解熱剤としては強すぎて他の国では使われていない薬を使っていました。
現在では、原則としてアセトアミノフェンという薬以外は解熱剤としては使用しないことになっています。
解熱剤をもらった時は、必ず薬の名前を確認して使うようにしましょう。
また、大人や上の子供の解熱剤を自分の判断で使うことも避けましょう。

インフルエンザ脳症を防ぐためには、こうした薬の確認、また、インフルエンザの予防接種が大切です。
大切な子供の命を守ってあげてくださいね。

子供のアレルギー

卵や牛乳、小麦粉などの食物アレルギー、アレルギー性鼻炎など、子供のアレルギーは、たくさんの種類があるのをご存知でしょうか。

一度アレルギー検査をしてみるのをお勧めします。
ミルクアレルギーの子供は、アレルギー用の粉ミルクが売っていますが、使用する前に医師に相談しましょう。

離乳食が始まったら、毎日何を食べさせたか記入しておくと便利です。
大豆アレルギーがある子供には、マーガリンや醤油、味噌が使えません。
麦や米、またはひえやあわなどから作られた醤油や味噌を使いましょう。
子育ての本での知識を得ておくと、結構わかりやすく書かれています。

家族の中にアレルギー体質の人がいると、やはり産まれてくる子供もアレルギーになりやすいと言われています。
子供のお母さんやお父さんがアレルギー体質でなくても、お爺ちゃん・お婆ちゃんがアレルギーを持っていれば確率は高いです。
アレルギー体質というのは、確実に遺伝するものではありません。

子供がアレルギー体質とわかったら、部屋の中の掃除をこまめにやってください。
アレルギーには、ホコリやダニ・カビ・ノミが一番よくありません。

部屋の中のホコリなどを取り除いていくうちに、アレルギーがなくなっていく子供も多くいます。
毎日の掃除は、子育ての一つとして考えれば良いのです。

また、外で遊ぶ時などは、薄着で肌を外の空気に触れさせてあげましょう。
外の空気に触れることによって、肌は抵抗力をつけ、強くなるのです。

1歳までのアレルギーは、卵白や牛乳が多く、1歳以降になるとダニ・ホコリなどの割合が増加します。
アレルギー検査をする場所は、採血が可能である病院なら、どこでも大丈夫でしょう。
アレルギー科・皮膚科で検査を受けましょう。

赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎

赤ちゃんのインフルエンザと、様々な気管支炎の症状についてお話したいと思います。

赤ちゃんのインフルエンザの症状の特徴は、急に高熱が出たり、せきも激しいことです。
かかりやすい年齢は6カ月以降で、長引くでしょう。
季節は冬にかかりやすく、インフルエンザの原因はウイルスです。
インフルエンザウィルスは非常に感染力が強く、ウイルスの種類もいくつかに分かれます。
かぜに似た症状が強く出て、一冬に何度もかかるということもあります。

このインフルエンザにかかると、抵抗力が弱い赤ちゃんは症状が重症化することもあります。
肺炎や脳症などの合併症を起こす危険性もあるので注意しなければなりません。

予防としては、予防接種が有効と言えるでしょう。
インフルエンザの予防接種は、生後6カ月から受けることができます。
赤ちゃんに感染させないために、赤ちゃんだけでなく、パパもママも一緒に接種するのがいいでしょう。


急性気管支炎にかかった時の赤ちゃんの症状は、
せきと3日以上の発熱です。
かかりやすい赤ちゃんの年齢は6カ月以降で、冬にかかりやすくなります。
かぜの延長戦で始まることが多く、気管支にウイルス感染します。
原因の大半はインフルエンザウィルスや、RSウイルスと言われています。

肺の近くまで炎症が広がってしまうと、細気管支炎になることがあるので気をつけましょう。
食欲がなく、嘔吐を伴うときは脱水症状にならないように、水分を十分補給してあげましょう。

赤ちゃんの熱中症

赤ちゃんの熱中症についてお話したいと思います。

赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、暑さによる影響を受けやすく、季節に関係なく注意が必要です。
体内の水分量が多いので、脱水によるダメージを受けやすく、赤ちゃんは暑さに弱いのです。

熱中症の事故を起こさないために、大人の気配りが最も大切です。

【熱中症に対する注意点】

■赤ちゃんを車内に置きざりにしないようにしてください。

気温がそれほど高くない日でも、車の屋根は熱を吸収します。
車内の温度は上がり、赤ちゃんは危険な状態になるのです。
車を離れるときは、たとえ短時間でもいっしょに連れて行ってください。


■地面からの照り返しに気をつけてください。

パラソルなどで日陰を作っても、砂浜などは、照り返しは、赤ちゃんの体が熱にさらされて危険です。
大人は暑くない場合でも、アスファルトの照り返しはベビーカーの赤ちゃんを直撃します。
想像以上に暑くなることもあるので気をつけてください。
炎天下の日は、買い物に赤ちゃんを連れ回すのはやめましょう。


■閉めきった室内は危険です。

赤ちゃんを閉めきった室内に残して、出かけないようにしてください。
とくに暑い季節は絶対にやめてください。
暑いところにいた赤ちゃんの熱が上がったり、水分を受けつけなかったり、意識がもうろうとしている場合は、すぐに病院へ行くようにしてください。

熱中症の疑いはあるが、赤ちゃんの意識があるときは、まず体を冷やします。
そしてたっぷりと水分補給をしてください。
涼しい木陰など風通しのよい場所に連れて行き、衣服を脱がせます。
額に冷たいぬれタオルなどを当て赤ちゃんの体温を下げるように対処してください。

心配な場合はすぐに病院に連れて行ってください。
迷っている時間が命取りになる場合もあります。

赤ちゃんの下痢

赤ちゃんの下痢についてお話したいと思います。
毎日オムツを取り替えているお母さんが、いち早く便の状態に気がつき、赤ちゃんの健康状態を守ってあげなければなりません。

赤ちゃんがよく下痢をするのは、胃腸の粘膜が弱く、消化器が短いので、ちょっとした刺激にも反応し下痢をします。


【自宅で様子を見る下痢の症状】
・いつもより多少ゆるいうんちが出る。
・便の回数が、1〜2回いつもより多い。

【病院で受診する下痢の症状】
・1週間以上下痢が続いている。
・水のような便が1日に5〜6回出る。
・水分はとれているが下痢と嘔吐が続く。
・下痢の回数が最近増えた。
・食欲がなく、機嫌が悪い。
・下痢だけでなく、発熱と嘔吐を伴っている。
・便がすっぱい臭いで、少量の血が混じっている。

【診察時間外でも受診してもらう下痢の症状】
・赤ちゃんの水分補給ができない。
・吐いてしまう。
・便が普通の便ではなく、白っぽい。
・粘血便が大量に出る。
・鮮血が混じっているうんちをする。
・熱があり、ウンチのにおいが異臭や悪臭でいつもと違う。

【大至急、受診してもらう下痢の症状】
・下痢と嘔吐が激しく、大泉門がへこんでいる。


お腹を壊す下痢の症状だけでなく、赤ちゃんの下痢は様々な病気が考えられます。
乳糖不耐性下痢、ロタウイルス腸炎、キャンピロバクター腸炎、アレルギー性腸炎、単一症候性下痢、細菌性胃腸炎、急性胃腸炎などが考えられるので、異変に気がついたら、症状が悪化しないように早めに受診するようにしてください。

大人と同じように、赤ちゃんの便は健康状態を表してくれるサインです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。