男の子が生まれる過程

通常、膣の中は、酸性の粘液でいっぱいになっています。
したがって、アルカリ性に強いY精子にとっては、そこはつらい環境となります。
しかし、一定の周期で酸性の度合いは変化します。

膣から子宮への入り口となる子宮頸管の周辺には、子宮頸管粘液という粘膜があります。
子宮頸管粘液は、排卵日が近づくと水分を含みサラサラの状態になり、分泌量も増えてきます。
また、分泌される子宮頸管粘液はアルカリ性ですから、酸性であった膣が、排卵日前にはアルカリ性の粘液によって、だんだん中和されていきます。

つまり、男の子をつくるY精子にとって、排卵日当日は、かなり通過しやすい状況になるのです。
逆にいえば、排卵日より前だと、女の子をつくるX精子の方が、生き残りやすくなります。

また、人工授精によって妊娠し生まれてきた子は、男の子が明らかに多くなっています。
なぜなら、人工授精に関しては、確実に妊娠できるように、慎重に排卵日を判定して、精液をその排卵日に注入するからです。

つまり、排卵日当日にセックスするのと同じ状況になるのです。
膣の中の酸性度がもっとも低いときに精子が入るということは、通常酸に弱いY精子でも、X精子より数は多いので有利になるということです。

人工授精で男の子が生まれる理由は、これ以外にもあります。
たいていの場合、粘りの強い精液を注入しやすくするために、1時間ほど容器に入れておきます。
そうすると、粘りが取れるだけでなく、Y精子は上へ行きX精子は下へ、と容器の中で精子が分離するのです。
そして人工授精では、自然と上にたまっているY精子を採取し、それが受精する場合が多くなるということです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。